News & Report

ニュース&レポート

2021.03.28 (sun)

レポート

鹿児島×渋谷 クリエイティブシンポジオン <SESSION1>クリエイティブシティの作り方―後編―

鹿児島×渋谷 クリエイティブシンポジオン

<SESSION1>クリエイティブシティの作り方―後編―

鹿児島市は、新たな価値を想像するクリエイティブ産業の振興に力を入れています。2019年には「クリエイティブ産業創出拠点mark MEIZAN(マークメイザン)」が誕生。毎年「鹿児島デザインアワード」を開催するなど、クリエイターと企業をつなぐ事業を行っています。

 

今年1月23日(土)・24日(日)、鹿児島市のクリエイティブ産業をどのように盛り上げていけばよいか、そのヒントを探る「鹿児島×渋谷 クリエイティブ・シンポジオン」が開催されました。国内外で活躍する多彩なクリエイターの皆さんと、このmark MEIZANをリモートでつなぎ、ローカルシティにおけるクリエイティブの未来を語ったトークセッションのようすをご紹介します。

 

<SESSION1> クリエイティブシティのつくりかた

 

ー前編―

▶︎オープニングトーク:鹿児島市の取り組み・mark MEIZANの紹介

▶︎トークセッション テーマ1:コロナウイルス感染拡大によって都市と地域の関係はどう変化するか?

▶︎トークセッション テーマ2:クリエイターが住みたくなる街と集まらない街、その差はどこにある?

 

ー後編―

▶︎トークセッション テーマ3:どんなクリエイティブがまちを面白く、まちを豊かにするのか?

▶︎問コーナー1:これからのクリエイティブシティに求められる人の特徴とは?移住に向いてる人とは? 

▶︎質問コーナー2:鹿児島は移住者や関係人口の人たちからすると、働きやすい?敷居は高い?

▶︎エンティングトーク本日の感想と鹿児島市へのメッセージ

 

▶︎トークセッション テーマ3

 どんなクリエイティブがまちを面白く、まちを豊かにするのか?

 

まちに人を惹きつけるのは、産業とキテる感

 

九法:まちを活性化させるためには、新しい人を呼び込むだけじゃなく、住んでる人たちの自信というか、その主体性をどう取り戻して、新しい人たちと溶け合いながら、物事に取り組んでいくべきか、そこがすごく重要になるのかなと感じます。

まさに柳澤さんの取り組みってカマコンも含めて、そういうことを意識してされてきたのかなと思います。まちの社員食堂も、どういう取り組みでサスティナブルに、持続的に人々を惹きつけたり、盛り上げたりしているのでしょうか。ご自身の活動や見聞きした取り組みも含めて、教えていただければ。

 

柳澤:まちづくり団体や地方の方々の苦労話もたくさん伺うんですね。素敵なことをやろうとするけど、経済的に苦しいから行政に何とかお伺い立てながら、助成金を取りに行ってみたいな話になっちゃいますよね。1つ何かプロジェクトをやるということであれば、やはり経済的な自立は重要です。カマコンを立ち上げたときも、いろんなプロジェクトは生まれるにせよ、みんながずっとボランティアだと疲弊するので、何かそこを持続可能にしようと思ったときに、ちょうど当時クラウドファンディングの創成期でした。十何年前ですけど、鎌倉専用のクラウドファンディングを立ち上げて、持続可能な形でプロジェクトが成り立つようにしようと。今はすでに世の中にいっぱいクラウドファンディングできたので、鎌倉専用でやる必要もなく、そこの役目も終わりました。どこのサービスを使えばいいかなって話題になるくらい、資金調達の仕方も多様化してきているから、前よりもやりやすくなったとは思います。


まちの社員食堂の取り組みを紹介すると、鎌倉の企業みんなでお金を出し合った食堂なんです。食事に行くと、地元の企業や団体で働く人たちに組織の壁を超えてカジュアルに会って、話すことができる。地元の飲食店55店が週替わりで出店してくれています。

 

九法:もともと鎌倉にある飲食店ですよね?

 

柳澤:そうそう。もう、あらゆるとこが出てくれています。

LINEとかも活用して、例えば「来週の食堂のメニューはこれです」「3個シュウマイが余っています」とか、しょっちゅう発信をするんです。週の終わりに余剰な食材が出たり、台風などの災害で見た目が悪くなった食材を発信して、販売することもあります。鎌倉市はSDGs未来都市に選定されていますが、フードロスをなくすことに企業としてもコミットしていきたい。ビジネスが確実にデジタルでやりやすくなっているはずなので、地方でも効率をあげてくれる、良くするツールはやっぱりできているので、そこでは使いようがあると思います。クラウドファンディング化もそうですよね。

九法:まちの社員食堂を含め、仕組みが素晴らしい!どのように工夫されたのかとか、あるいはここ失敗したとか、そのあたりの話も聞かせていただけると学びになるのかなと思ったんですが、いかがですか。

 

柳澤:カヤックは2002年に鎌倉に移転してきましたが、その時点でこの社員食堂をやりたいと言っても、おそらくできなかったと思います。それは鎌倉でなんとか20年会社を続けましたという理由だけでなく、カマコンなどを通じてブレストする中で、みんなでやろうよという空気が醸成されたというのがまずありますね。

もう1つは、カヤックが上場したこと。経済的に自立することが重点っていうのは、僕ら自身にとっても重要でした。

あと「鳩サブレー」を製造・販売する豊島屋の久保田社長が鎌倉商工会の会頭をされていて、鎌倉を盛り上げようとコミットされていることも大きいと思います。民間企業が域内経済を盛り上げる既存の仕組みもまだアップデートできると思うんです。

 

九法:自治体もその経営者的な視点で情報をオープンにすることで、民間もいろんなことができるようになるっていうことですね。ありがとうございます。

井上さんは今内閣府の立場ですけども、その前は長島町にいらっしゃったと。政府、地方自治体、あるいは柳澤さんのような民間の会社、こういったところをどういうふうに連携させて面白い取り組みをやっていくのか、何かそのあたりご自身の経験を含めてどういうやり方が有効なのか、聞かせていただければと思うんですが、いかがでしょう。

 

井上:クリエイターとか起業家を育てるのはすごくお金の面が大事で、それこそ鶴岡でも、大学を作っただけじゃなくて、山形県と鶴岡市が毎年3.5億円ずつ、合計7億出して最先端の自由度の高い研究を支えたりとかしています。金沢は伝統工芸のまちであり、工芸家の卵の学校に通っている学生には、学費を取るんじゃなくて、払っているんです。生活費を月に10万ぐらいでしたかね。そういうところで育つまではお金の支援は必要で、行政がやってるとこも多いです。実は東京都のASACっていう、国連大学の裏側にある起業家のインキュベーション施設も、施設を貸すだけじゃなく、最初はお金も出してやっていたんですね。全国でも、地域おこし協力隊や、あるいは企業版ふるさと納税などの制度がありますが、さらに支えるためにいろんな制度を作って、使っていくっていうのはすごく大事かなと思います。

 

それと失敗しても立ち上がれる環境を作ることがすごい大事。金融の面で、日本は個人事業主に連帯保証人とかが必要になっている。本来、近代経済って法人と個人は分離したはずなのに未だに連帯保証がある。失敗したら、閉じて新しいビジネスした方がいいと分かっているけど、できない人がたくさんいる。失敗するってなると、もう自己破産して夜逃げというのが未だにあるのはよくない話なので、金融面のところでしっかりとデザインができると面白いかなと思います。

 

九法:失敗しても立ち直れる何か仕組みみたいなものを作っている自治体とかはありますか?

 

井上いえ、金融面でやってるとこって少ないですよね。日本だとないですよね。

 

柳澤:そうですよね。

 

九法:柳澤さん・井上さんというまちづくりのプロフェッショナルの2人に、鹿児島を面白くするためにどうしたらいいかっていうような話とか、今悩まれてることとか、ぜひ直接聞いていただければと思うんですが、いかがでしょう、中馬さん。

 

中馬:若者が流出していく課題ですかね。高校から大学で東京に出てそのまま就職もとなると、鹿児島に帰ってくるっていう意識はやっぱり低くなりつつあるのかなと。

ただ、今はSNSで発信できるので、若者も鹿児島の良さに触れる機会というのは昔よりはあると思ってはいるんですね。そういったことを生かしながらやっていきたいなと思っていますけども、具体的にどうやっていけばいいのか。

仕事での収入面を考えると、やはり東京と鹿児島の格差は大きい。そこをどういうふうに埋めていくのかなど、本当に一つ一つクリアしていかないといけないハードルはあります。まず、どういうところから進めていけばいいか教えていただければと思います。

 

九法:僕みたいな、地方出身で都心で生活していて、都市近郊の街っていうのは鎌倉を含めて今後の発展のイメージがすごい湧くんですけど、都市から離れた地方がどういうふうにクリエイティブで活性するのか、そのときのキーになるのは何か、みたいな話なのかなと思うんですが。

 

柳澤:僕は経営者なので、基本的に地域を会社経営のように見立てて考えてしまいます。会社は事業がないとどうにもならないように、1つは産業がやっぱりないと厳しいと思うんですよね。それを集積させるか、突出させるか、何かしないとやっぱり駄目で。会社に見立てると、新卒が東京に行っちゃうっていうときに、新卒の人ってどういうふうに会社選びをしてるかっていうと、正直“雰囲気”なんですよ。そんなに会社の財務分析をしているわけではなくて、イケてる感、キテる感のある会社に毎年集まるんだと思うんです。

それは地域も同じことです。何かこの地域キテるなっていう、キテる感を出すっていうことには、やっぱり投資しなきゃいけない。発信だったり、何か面白い人がいるぞみたいな空気感を出していく。関係人口を増やすことも有効だと思います。関係人口を増やすと移住者が増えるという相関関係がはっきり出ています。事業をちゃんと絞る、事業をやる。キテる感を出す。さっき言った、人の文化、OSの部分で受け入れる、地域の文化に投資する。これしかない気がしますけどね(笑)。

 

九法:ありがとうございます。産業を作る。キテる感を増やす。住民文化を醸成する。

柳澤:はい。それしかない!

 

九法:井上さん、いかがでしょう。

井上:キテる感を増やす、というところで面白いなと思うのは、キーパーソンの家で、地元の人も外から来た人もワイワイガヤガヤやるってことです。例えば長野の小布施町や、あるいは島根の街邑南町。長島町も町長のご自宅や組合長のところで、僕が呼んだ人とか地元の人とかワイワイガヤガヤ飲んで夢を語り合って、そこから何かを生み出していくとか。すごく大事な気がしますね。

九法:首長になるような人のキャラクターみたいなものもすごい重要なわけですね。

井上:首長だけじゃなく、キーパーソンのところに夜な夜な集まるってことだと思います。

 

九法:面白いまちは、首長とかキーパーソン、いろんな領域の人たちが全部繋がっていて、何かそういう人たちが集まって面白い取組みをやっているものが、外に対しても見えている街なんだと思いますね。鎌倉とかまさにそうだと思います。井上さんの周辺にいる人たちも、それこそ小布施町も、市長といろんな町の人たちが繋がって、そういう人たちが一緒になってメディアとか外に出ている。そうすると何か面白そうな街なんだろうなっていうのが、外にも伝わってくる、そういうところありますよね。

 

井上:集まった人たちにチャンスを与えるってことですよね。JR九州の新幹線を作った水戸岡鋭治さんは、鹿児島だと仙巌園もやっていますが、彼を見出したのは小布施町の町長だったりするわけですから。そういう面白い人にチャンスを与えるってことかもしれませんね。

 

九法:面白い人にチャンスを与えるっていう、こういうことはまさにその自治体が今後やっていく、鹿児島ももっともっとやっていける領域なのかなと思うんです。そのあたりでちょっと坂口さん・中馬さんにバトンをお渡します。

 

坂口:いやあ、面白かったですね。鹿児島は、キテる感がまだまだ足りないっていうのは、ちょっと頑張らなきゃいけないなと思いましたね(笑)

 

柳澤:手伝いますよ。そういうのが得意なので(笑)

坂口:やってるつもりなんですけどね(笑)

先日2ヶ月ぐらい前ですけど、鎌倉のまちの社員食堂に伺ったときに、鎌倉に久々に行ったんですよ。そしたら人が少なくてすごい快適だったんですよね。快適なのと同時に駅降り立って、ちょっと前までだったらものすごい人がごった返してたんですけど、この状況で、まちの社員食堂は大丈夫なんだろうかって、ちょっと不安になりながら行ったんですよ。そしたら全然、たくさんの人がそこでご飯を食べていたんですね。これが地域資本主義だな!とちょっと実感した感じがして。要は、インバウンドとか、外に外にっていうんじゃなくて、地元の人が地元の企業が支援して、地元の人がちゃんとそこでご飯を食べてるっていうのが、これは素晴らしいなと思ってですね。

鹿児島もですね、お茶の生産が全国1位になったりとか、うなぎは1位だとか、いろいろあるんですけど、全部静岡のイメージなんですよ。

 

柳澤:そうですか、うなぎ1位なんですか。

坂口:そうなんですよ。みんな浜名湖だと思っていますけど、実は鹿児島なんです。鹿児島にはですね、うなぎ屋さんが少ない。だから地元の人があまり消費してないんですよね。どうしても、外へのPRが下手だ、下手だって、僕らも言うし、他の地方でもみんな言うと思うんですけど。やっぱり内側を盛り上げていくことが大事だろうなと思っています。

 

柳澤:地元の人に、例えば毎丑の日は全部うなぎをごちそうするとかやってると、地元の人たちもうなぎのことを外で話すようになるから、もっと広がりが増える。うなぎが外にもっと出ていくようになると思います。

 

坂口:そこに静岡にはない新しい食べ方を開発してみようみたいなクリエイティブで面白いことすると、こうキテる感がどんどん増していきますよね。

 

柳澤:面白い。

井上:地元のものを、もっと大切にすることが大事なのかなと思いますね。

九法:地元の人たちも悲しいことに大手チェーンに行っちゃうんですよね。

 

坂口:東京と地方の格差の問題ももちろんありますけど、何かそれはもう労働の再生産性ということで言えば、生活コストも低いわけだし、そこを何かネガティブに捉えるというよりも、その分時間があるとか空間があるとか、資源があるとか、そういうふうに捉えて、キテる雰囲気に転換していく。狭義のクリエイティブじゃなくて、広義のクリエイティブに。そこがやっぱり必要なんだと思って。

鹿児島でもまちの社員食堂を一緒にできたらなと思ってます。相談させてください。

 

柳澤:おー!もう、ぜひぜひぜひ。喜んで。

中馬:貴重な意見をいただきましたし、これからどういうふうな形でやっていくか。素材はいろいろ転がってると思うんですね。そこに光を当てて、どういうふうにPRしていく、もしくはそこを育てていくことによって、人々の自信に繋がり、鹿児島にまた戻ってくる人たちもたくさん作れる、そういったまちにしていくということが、必要なんだなと思いました。ありがとうございました。

 

▶︎質問コーナー1

 これからのクリエイティブシティに求められる人の特徴とは?移住に向いてる人とは? 

 

似合う服に着替える感覚で、似合うまちに暮らす

 

MC:鹿児島を盛り上げたいという人たちにとって、どんな人が適任なのかというところなんですが、いかがでしょうか?

また、仕事を作れる人もいれば、作れない人もいます。そういう意味で移住できる人、したくてもできない人には格差があるように感じていますが、このような格差をどのように考えていますか?

 

 

坂口:なるほど、みんながやる必要はないんじゃないかという気もします。それぞれの役割がありますからね。

 

九法:井上さんが長島町にいたときに、すごいクレイジーな人たちを東京から呼び寄せていましたよね。あれはどうやったのかなとか、どういう人が移住に向いてて、なんかすぐ出てっちゃった人もいると思うんですけど、何かそのあたり、経験交えて聞ければ。

 

井上:何か、似合う服を着るように、似合うまちに住めばいいかなと思います。その人のライフステージによっても変わるだろうし、出ていったらはい終わりじゃなくて、僕らはぶりのまちなんで、回遊人材を受けとめるまちだとずっと言ってましてね。

 

柳澤:いいね!

井上:僕を含め長島町を出ていった人も、今でも当然いろいろな役割がありますし、そこは01じゃないと思います。

九法:なるほど。べつに定住することが目的でなくてもいいってことですよね。回遊して、それこそ民間の「ADDress」とか、いろいろなとこに住めるサービスみたいなものって出始めているので、利用しながら回遊して、寄ってくれるようなまちは、それはそれでいいんじゃないかと。

 

柳澤ライフステージに合わせてだから、教育のときは軽井沢いて、移住先を2拠点居住だったり、そんなふうに住む場所はテクノロジーによってやっぱり自由になる時代になっている。それで何かその格差はあるかもしれないけれど、全体の流れとしては確実に、いろんなとこに住める時代になってるんだとは思います。

 

▶︎質問コーナー2

 鹿児島は移住者や関係人口の人たちからすると、働きやすい?敷居は高い?

 

おせっかい好きであたたかい県民性が魅力

 

MC:鹿児島の方々は、外から来た、例えば移住者や関係人口の人たちと協働するのに、敷居は高いでしょうか、低いでしょうか?鹿児島の方々はどういうふうにみていますか?

 

柳澤:坂口さんは、まぁまぁオープンだって言ってましたね。

 

坂口:敷居が高いか低いかっていうことで言うとですね、個人的に感じていることですが、鹿児島の人は非常におせっかいなんですよ。全然知らないおじさんが、温泉で話しかけてきたり。井上さんも鹿児島に来たときにはびっくりしたと思うんです。道を歩いていて、すぐ話しかけてくるみたいなそういうところがあって。

何か始めたいっていう人は割とその周りに人がどんどん集まってくるような感じがあるので、敷居は低い方じゃないかとは思います。

 

中馬:本当にそうですね。「名山町バカンス」というところには、移住者もよく来ていただきますけども、その中で誰かが何か新たなことをやるって言ったら、もう本当に手取り足取りしてあげて、それが普通にやれるっていうような状況ができているんです。近くにある、イルカゲストハウスっていうところから、女将さんが旅人を連れてくるんですが、その女将さんもホスピタリティ精神があって、いろんな方々に鹿児島の良さを伝えていて。そういったことで、またイルカゲストハウスに遊びに行きますという旅人が増えているし、その中から移住者もたくさんいます。

この一番手前の女性は地元新聞社の記者で、新聞を読む会っていうのを毎週水曜日にやっています。彼女も名古屋出身で京都大学を出て、鹿児島の新聞社に入社したんです。飲み屋さんで非常に温かいもてなしを受けたということで、鹿児島に住みたいと思って来ているんですよね。

そういった人たちのサポートを、また周りのみんなで、何も頼まれてないのにやっていくっていう土壌はあるかと思います。ですから、どちらかというと移住者にとっては住みよい街ではないかというふうに思ってます。

 

柳澤:いいですね。

坂口ただ、まだまだこういう事例も場所も少ないです。キテる感が、まだ出し切れていないのだと思います。もっともっとやらないと駄目ですね。

 

九法:坂口さん!このキテる感、出しましょう。もっと!

坂口:ちょっと頑張ります。よろしくお願いします。

中馬:発信していきたいと思います。はい。

 

坂口:長島は本当に井上さんが来た瞬間に、キテる感がめちゃめちゃ出たんですよね。「長島大陸」とか言い始めて(笑)長島って、鹿児島の人でも「あれ?あそこ鹿児島だったっけ」っていうような、失礼ですけど。そんな人もいるぐらいの場所だったのが、急に島の面積まで大きくなったようなイメージがあって。キテる感、ありましたよね。

 

井上:それはMBCさんのおかげですね。本当にメディアで取り上げてもらって。でも僕らも実は毎週プレスリリース書いてたんですね。

柳澤そうそうそう。大事ですよね。

井上:下手な鉄砲も数打ちゃ当たるってことで。

坂口:まだまだ余地はいっぱいあると思います。どんどん移住してもらってやることはいっぱいあると思います。

▶︎エンティングトーク

 本日の感想と鹿児島市へのメッセージ

 

井上このメンバーであと何時間でも話せるんですけれども。今日聞いてくださった方々も、私フェイスブックもLINEも本名でやってますから、ぜひご連絡ください。何かこれがきっかけに何か動き出せばいいなと思ってます。

 

柳澤:まちづくりの事業でカマコンをやり始めて、面白いのはいろんな地方に行けて、いろんな人と知り合いになったり、コミュニティに参加できるっていう良さがあって、本当はコロナじゃなければ鹿児島に行きたかったですね。だから、それがちょっと残念なところですけど、こうやってご縁もいただいたので、鹿児島のイケてる感を出すためにお手伝いします。

 

坂口:これでちょっと、精神的な距離は近くなったと思うので。

柳澤:1回行かないと駄目ですね(笑)

坂口:はい、ぜひいつでも。

柳澤:ありがとうございます。

 

中馬:今日は本当にいろんなヒントをいただきました。私ども行政が前面に出るというのではなくて、やっぱりまちづくり・人づくりというのはサポートしながら最終的には実装する、持続可能性ですよね。そこでいろいろその経済が回るような仕組み、そこについてはサポートするけども、人づくり、そういったことも、人をマッチングさせるところまではやっていきます。またその先にっていうのは、並走していきたいというふうに思ってますので、またいろんな形でみなさんのアイディアをいただきながら、あとやはり鹿児島出身の方々ともこういった形で繋がって、より一層、鹿児島以外の方々、関係人口という方々もですね、増やしていく努力は続けていきたいと思います。今日は本当にいろんな面白い話を聞くことができました。ありがとうございました。

 

九法:今日ありがとうございました。すごい楽しいお話でした。柳澤さんからまさに、そのクリエイティブシティを作るために、①産業を作る②キテる感を出す③住民文化を醸成する。とてもわかりやすいお話がありました。

井上さんからは、その人づくりとか、失敗しても立ち直れるそういう仕組みをつくることが必要なんじゃないかっていうお話がありました。やっぱりそういう意味だと、キテる感を出すということは、すぐにでもできるようなことなのかなというふうに思うんで、ぜひ僕もできることはやりたいなというふうに思いますし、来年はぜひ鹿児島でやりましょう。僕も加わらせてください。柳澤さん引っ張って連れていきます。楽しかったです。よろしくお願いします。また来年、皆さんとお話ができる機会を楽しみにしてます。

 

坂口:ありがとうございます。もうばっちりまとまっているんで、そんなに言うことはないですけれども。井上さんはやっぱり鹿児島に赴任してきてくれた経験があるので、すごく僕らよりも鹿児島への想いを持っていただいてるなと感じました。それと、鎌倉と鹿児島ってすごい繋がりがあってですね、島津家っていうのは鎌倉から来てるんですよね。

 

柳澤:あー!聞いたことある。

坂口:僕の行ってた高校の裏に島津家の墓があったんですけど、初代から2代まで鎌倉にお墓があって、3代目から先は全部鹿児島にあるんですよ。そんなこともあってすごくシンパシーを感じたりとかしているのもあるので、ぜひぜひお2人、九法さんも含めて鹿児島に来てもらって、キテる感を本当に出していきたいなと思います。今後もよろしくお願いします。ありがとうございました。

SESSION_2 これからのクリエイティブと働きかたへ続く